Posted by at

2016年07月04日

口臭予防にはお茶より水が効く

こんにちは ひめの矯正歯科スタッフですface01

ひめの矯正歯科の院内新聞 EVERYDAY SMILE 只今発行中ですicon59


今回はその中から副院長 翔子先生の記事を紹介しますface02




緑茶に含まれるカテキンは殺菌作用があり、

口臭予防にいいように見えます。

しかし、緑茶やウーロン茶などカフェインを含んだ飲料は利尿作用があるので、

摂りすぎると一時的な脱水症状を起こし、

唾液を減らしてしまいます。


水分補給のためにペットボトルのお茶が手放せない人は、

かえって口の中を乾燥させてしまっているかもしれません。


食後やリラックスタイムにお茶をいただくのは問題ありませんが、

口臭予防の観点からいえば、水分補給のために一番いいのは水です。


持ち歩くなら水のペットボトルがおすすめです。


同じくコーヒーも摂り過ぎは口臭のもとです。


コーヒーのカフェインが交感神経を刺激し続けるので、

眠気が抑えられ頭が冴えて仕事ははかどりますが、

唾液の分泌が抑えられ、口臭の原因になります。


またコーヒーには口臭物質が含まれていますので、

摂取後、独特の口臭があります。




ひめの矯正歯科 
〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目4-15プリオ天神5F
フリーダイヤル0120-878-978








  

Posted by ひめの矯正歯科スタッフ at 15:55Comments(0)副院長編